写真で巡る自然散策記

私が訪れた四季折々の自然の風景・花の写真を掲載しています。
また、花の開花状況・撮影場所・撮影のヒント等も紹介していますので事前情報としてご愛読ください。
現地で新しい発見を試みてはいかがでしょうか!!。
五宝滝公園の紅葉 2014 in 岐阜

今日は、
岐阜県の紅葉を求め、
賀茂郡八百津町にある五宝滝公園を訪れてみました。 



ここは、三段に連なり落ちる滝の情景が圧巻の滝です。
 

また、
五滝の中でも、円明の滝と二天の滝は、
宮本武蔵が修行に訪れた滝と言い伝えられており、人気のスポットとなっています。

 

可児市からは、
国道418号で八百津中学校の直ぐ先に ” 五宝滝4Km ” の道路標識があります。 

八百津町役場からは
車で10分程で、公園入り口にはトイレと、無料の駐車場があります。


 

【 本日の散策順路 】

滝めぐりコース

第一地点の 三の滝

第二地点の 展望台

第三地点の 太鼓橋・二の滝

第四地点の 一の滝

第五地点の 円明の滝

第六地点の 二天の滝

最後に向かうは、南エリアの散策コース

武蔵渓谷



 

一本道の散策路を、滝めぐりをしながら紅葉のビューポイントを探して進みました。


 

まず向かう先は、北エリアと南エリアの分岐点

駐車場を出て川沿いに、紅葉を眺めながら進むこと5〜6分程。

滝めぐりゾーンと、散策ゾーンを印した ” 総合案内板の五宝滝入口 ”  がありました。


 

ここから、滝めぐりコースで紅葉の散策開始です。 10時20分


 

目指すは第一地点の三の滝

歩き始めて5〜6分程で、二天橋から三の滝が見えました。

ここからは、太鼓橋のたもとから落ちる一本の滝といったところ。


 

この橋を渡らず直進すると三の滝です。

太鼓橋を覆う様に、真っ赤なもみじの傘が滝を引き立てています。

ただ、この滝壺辺りの紅葉はほぼ終りの様です。

日当たりが悪いのか、落葉した形跡も見られないのに・・・


 

次に向かったのは、第二地点の 展望台

三の滝の脇の石階段を登ると直ぐにありました。

ここからは、一の滝から、三の滝まで、竜が立ち昇っているかの様に滝の全貌が見られます。


 

続いて、第三地点の 太鼓橋・二の滝

ここからは、二の滝を見下ろし、また、滝まで降りて下からのアングルもお勧めです。

向こう岸に渡る際には、飛び石から落ちない様に注意してください。浅いけど・・・

橋の上から、滝と一緒にスナップ写真も良いですね。


 

続いて、第四地点の 一の滝

急な鉄階段を登り、直進すると到着です。

ベンチがあり小休止ができますが、風向きによってはしぶきが降りかかります。

ここのもみじは、未だ緑で、紅く染まるにはもう少しかかりそう。


 

続いて、第五地点の 円明の滝

急な鉄階段を登って、下って20分程で到着です。

この辺りは、渓谷の深い谷間の様に、空気がひんやりとしており、あまり陽が射さないのか、落葉だけで紅葉が見当たりません。

ここが、宮本武蔵の修行場であるとして言い伝えられている滝です。


 

続いて、第六地点の 二天の滝

今度は、急な鉄階段を下って8分程。円明の滝の真下辺りでしょう。

先程より陽が射し込んでおり、少し温かみが感じられる様に思いました。

こちらも、円明の滝と共に、宮本武蔵が修行に訪れたと言い伝えられています。


 

円明の滝、二天の滝、ともに紅葉がありません。
紅葉の紅色は、現世を断ち切る修行者にとっては無用の長物なのかもしれませんね。


 

これで滝めぐりは終了です。



 

散策路を進むこと2〜3分、二天橋を渡り 

” 総合案内板の五宝滝入口 ”  に戻ってきました。13時45分

 

最後に向かったのは、散策コースの 武蔵渓谷

公園の南側に位置し、武蔵の広場、水車小屋、あずまや、武蔵渓谷、

トイレ、駐車場のあるエリアです。
 

広場を抜けて、渓谷の紅葉を楽しみました。

川の石垣から生える、ど根性紅葉にはビックリです。
 

駐車場までの道のりは、水面に紅葉が映りとても派手やかでした。
 

14時40分、薄暗くなった中、駐車場を後にして帰路に着きました。
 

ここの紅葉は、例年11月末迄まで見頃が続きますが、

この日の感じでは、三の滝辺りは落葉。

二の滝・太鼓橋辺りは見頃。

一の滝は未だこれからの様子。

 

最新情報を見て、天気の良い日に、訪れてみては如何でしょうか。
 

陽が陰ると昼間でも一気に気温が下がりますので、
防寒対策(手袋必須)をお忘れなく。


 


 

【 ビューポイント 】

駐車場から総合案内板まで ( 川面の紅葉 )

二天橋の周り ( 三の滝 )

歩道・滝壺周り ( 三の滝 )

展望台から ( 一の滝・二の滝・三の滝 )

赤い太鼓橋の周り ( 二の滝まで降りられます )

鉄階段の途中 ( 見下ろす二の滝 )

一の滝 ( 滝が近距離のため少し離れた位置が良い )

円明の滝 ( 露出不足になりがちなので三脚必須 )

二天の滝 ( 露出不足になりがちなので三脚必須 )

散策コースあずまやの前(河原の紅葉)



2014年11月22日撮影


手前は三の滝、赤い橋の奥が二の滝です 
この位置からは、まだ一の滝は見られません




三の滝です



展望台より 一番上から、一の滝、二の滝、三の滝になります 11:18



太鼓橋から 一の滝と、二の滝です



太鼓橋付近より 二の滝を見下ろしてみました



二の滝 見上げると、こんな感じ 左上に一の滝が僅かに見られます



一の滝 ここは未だ紅葉が進んでいません



所々こんな岩の階段もあります 十分注意してください



円明の滝です 宮本武蔵が修行に訪れたと言い伝えられています



二天の滝です ここも宮本武蔵が修行に訪れたと言い伝えられています



二天橋に戻ってきました



水車小屋、武蔵渓谷のあるエリアです



石垣からのど根性もみじにびっくり 何本もありました



駐車場への帰り道 川面に映り込む紅葉色



最後までご覧戴きありがとうございました。


《 写真素材 》 フォトライブラリー
写真・素材をお探しの方はこちらからお立ち寄り下さい。
アーティスト名 Hiro.I
http://www.photolibrary.jp/profile/artist_271735_1.html

JUGEMテーマ:自然風景
| comments(0) | - |









page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS